ティーサーバーの選び方

ティーサーバーをオフィスで活用する人たちは大変多いと思います。使用用途としては来客時のもてなしや、自分たちの休憩時に利用します。オフィスでのちょっとした休憩時間をとても充実したものにしてくれる点も魅力的です。様々なティーサーバーがあり、それぞれの用途に応じた使い方ができます。まず、粉末タイプのお茶を使用するメリットとしては温かいお湯に溶けやすくなるのはもちろん、水にも溶けやすくなります。そのため、冷たいお茶を扱う夏場などには最適な商品であることが言えます。メンテナンスもとても簡単ですので、片付けなどが面倒に感じている人にはお勧めです。これ以外は粉砕茶タイプもあります。粉砕したお茶にお湯を注ぐことで有効成分を効率よく吸収することができます。また、一般家庭にあるような茶葉タイプもあります。これは本格的なお茶を楽しみたい人にお勧めできます。お茶の風味や香りを最大限に感じることができるため大事な得意先が来た時に出すと喜ばれます。

このように自分でお茶を作るタイプ以外にベンダーに頼むという方法もあります。社内に来客用サーバーを据えてウォーターサーバーのように自由に好きなだけ飲むことができます。得意先はもちろん、社内の人間にも簡単についで飲むことができるため多くの会社で利用されております。面倒なメンテナンスも業者にすべて任せることができるため安心です。電話一本でお茶や飲み物の補充をしてくれるため、リクエストに応じた商品を入れてくれます。このサーバーでは支払方法も種類があり、月額料金で飲み放題というところやボトル一本いくらというように注文した本数分持ってきてくれるタイプがあります。法人だと利用料が多くなるため、一定の利用料を超えるとレンタル金額が無料になるなど様々な特典があるのも魅力的です。ベンダーによってキャンペーンや特典内容は多岐にわたりますので、導入の際には事前に調査してみることがお勧めです。規模が大きな会社ならリースやレンタルなどがお得になりますが、利用料が少ない小規模な会社だと買取にしたほうが総合的にみて得になる場合があります。メンテナンスに関しては毎日定期的に訪問してくれるベンダーや週に何回と決まった曜日に来てくれるベンダーなど様々ですので契約時に確認する必要があります。消耗品や交換部品など専門的な分野になってくると素人には難しいため、最低でも年に1回以上はベンダーでメンテナンスしてもらう必要があります。